岡田尚也のTheAutoVictorious(TAV)の内容まとめ

ナンパマニュアル

あなたもこのような事を思われていませんか?

  • ナンパで次々に女性を落としまくりたい
  • 見た目もイマイチ、収入も大したことはないかもしれないが、モテたい
  • 本物のモテる男になるための方法を知りたい

ピンときた方のために、ナンパで圧倒的な結果を出す男になるためのノウハウがまとめられているナンパマニュアルが「TheAutoVictorious」です。

”TheAutoVictorious”公式サイト

岡田尚也のTheAutoVictorious(TAV)について

作成者による概要説明

23歳まで童貞、女性との会話さえ苦手だった岡田尚也32歳が9年間で1032人もの魅力的な女たちを抱いた。

女性心理に基づく計算され尽したそのテクニックを、あなたのために実際に女性を落とす実録まで公開。

そして、岡田尚也は圧倒的なその実力を最強の特典として誇示する。
この世の女全てのタイプにもてたければオレについて来い。

”TheAutoVictorious”公式サイト

岡田尚也のTheAutoVictorious(TAV)で学べる事

TheAutoVictoriousを一言で言えばナンパのノウハウが学べるマニュアルです。

しかし、他のナンパとは一線を画すレベルにあるマニュアルとされている理由が以下の部分にあります。

目標はナンパのゲット率を上げるだけではない

ナンパで次々にゲットしていく。
そこだけに焦点を当てたノウハウを学べるのはもちろんです。

プラスして、ナンパ以外にも応用可能なレベルに高めることにも焦点が置かれています。

例えば、相手が求めることを的確に提供できる男になれれば、仕事でもできる男という評価を得ることになります。

ナンパの成功率が高い男は、目の前の女性が求めるものを見抜き、それを的確に提供することを重視します。簡単なレベルで言えば、和食が好きな女性に和食ランチのデートを誘えば高確率でOKが貰えますよね?

相手が求めることを提供することはナンパの成功率を左右します。
仕事でも同じです。
顧客が求めることを見抜き、提供する。それができる男が”できる男”です。

本質は同じなのです。

そして、仕事ができる男であることも、女性から好意を持たれやすい要素の1つです。

ナンパを起点にして、モテる男、モテ続ける男へと変わるためのノウハウが学べるマニュアルでもあります。

本当にモテる男へと変えていくメソッド

上記のナンパを起点にしてモテる男へと変化していくノウハウが学べるという事とも共通するのですが、このマニュアルでは、”本当の”モテる男へと変わっていくことを重視されています。

その理由はシンプルです。

いい女に出会うためです。
出会う人は、常に自分にレベルに合った人です。

本当のいい女に出会うためには、本当のいい男になることが不可欠です。

本当のいい女に出会い、その女性を愛し続けることこそが幸せなのだから、そこに到達するために必要なノウハウを教える。

そんな裏テーマが隠されているマニュアルでもあります。

岡田尚也のTheAutoVictorious(TAV)の口コミ

”TheAutoVictorious”公式サイトより

童貞の私でも最高の女ができました

20年間童貞だった僕にも念願の彼女ができました!
しかも本当にきれいな子で、読者モデルをやっています!!

私は童貞のくせいに、理想だけは高く、自分の納得のいく女性としかセックスするつもりはありませんでした。

岡田さんに教えてもらってなかったら、こんなキレイな女性と出会うこともなかったし、一生自分のモノにすることなんて到底無理でした。

初めての時は「やった!やったぞ!!」とホテルで浮かれていました。

これからは彼女と大切にしたいと思います!

会話丸パクリでいいので楽ですね!

ダメもとで会話丸パクリでナンパしてみたら、驚くほどあっさりと女がついてきました。
ナンパって意外と楽ですね。

あと思っていたよりみんなやさしいです。
これが一番驚きました。

岡田さんの会話そのままを使うだけでいいので、非常に重宝しています!

つまり・・・

この作成者さんはナンパ教材界隈ではかなり有名な方で、ノウハウを教えるだけではなく、実際に自身のナンパ風景を動画や音声にして公開するという、とにかくスキルを伝えることを大切にしている方でもあります。

言葉だけでは今一つ伝わりにくいのがナンパノウハウですが、映像も併せて学べるのでイメージしやすく、イメージしやすいので取り入れやすいと評判でもあります。

詳しいことは公式ページに書かれています。

そのページを読むだけでもナンパスキルを高めるヒントやナンパテクニックについて学べたりしますので、ぜひ一度ご覧になってください。

”TheAutoVictorious”公式サイト

タイトルとURLをコピーしました