女性をセフレにするときの口説き方と注意点

セフレ作りマニュアル

セフレにしたい女性がいる。

なんとかして口説き落としたいと思っているが、どうすれば口説き落とせるのだろうか・・・と考えてみる。

考えても仕方がないので実行に移すという選択肢もアリかもしれませんが、どうせなら確率の高い行動を起こして、セフレ化したいと思うのが本心ではないでしょうか?

では、どうすればいいのか。

そのポイントは2つあります。

女性をセフレにするときの口説き方のポイント

ある女性をセフレにしたいと思っている。
では、その女性をセフレにするにはどうすればいいのか・・・。

その女性を見極める

もっとも重要なのが、その女性を見極めることです。

要するに、相手に合わせたアプローチを積み重ねるということです。

例えば、彼氏や旦那が居るとして、上手くいっているときにアプローチするのは賢明ではありませんよね。うまくいっているときに寄ってくる男は、ただの変な男、嫌な男、キモイ男ですから。

でも、いまいち上手くいってない時にアプローチをされると、自分の魅力や価値に気づいてくれる人ということになります。

アプローチの内容が同じでも、タイミング次第で評価は正反対になります。

相手の女性の状況、心境をシッカリと見極めること。
これが最も重要です。

口説く時にタブーに触れない

口説く時には触れてはいけない、発してもいけない禁句(タブー)があります。

その1つに「好き」や「愛してる」があります。

これらの言葉は女性を落とす上で非常に強力なパワーを持っていますから、使い方を間違えなければ落とすことができます。

ただ、相手の女性は、あなたは彼氏になりたいと思っているのだと当然のごとく解釈します。

その時に「いやいや、そうじゃなくてセフレとして」と言えるわけもないでしょうし、セフレとしてなんてふざけるなよ!って怒りを買って思わぬ仕打ちを受けることもあります。

だからこそ、このようなタブーに触れないことが重要です。

ただ、タブーには男女間の常識としてのタブーもあれば、相手の女性ならではのものもあります。

どちらのタブーも踏まないに越したことはありませんが、注意が必要なのは相手の女性ならではのタブーです。

他の女性はOKだったから、その女性もOKと限らないテーマというものがありますので、相手の女性ならではのタブーに触れないためにも、相手の女性を理解することが大切になってきます。

女性をセフレにするときの口説く時の注意点

女性をセフレにするための口説きのポイントは、相手の女性を知り、タブーに触れないという2点を徹底することにあります。

何を言うのか、どんな言葉がささるのかも知識としてはあったほうがいいかもしれませんが、それらは相手の状況によりけりですので、それほど重要ではありません。

その上で、次の1点はその後を左右する重要なポイントです。

セフレとして認識させるのか否か

相手の女性に、自身をセフレであるという自覚を持たせるのか否か。
ここがその後のすべてを大きく左右します。

トラブルになるのか否かも、この自覚の有無次第です。

例えば、あなたに気がある女性を良い感じで言いくるめてセフレにしたとします。

その場合、相手の女性は自分自身を少なくとも彼女候補の筆頭だと自覚しています。あなたのセフレだとは思っていません。そんな女性に、「あなたはセフレだよ」と言ったらその後どうなるのか。

はたまた、「セフレだ」と悟ったあとはどうなるのか。

男女の痴情のもつれで殺傷事件が起きたりしますが、少なからず、このような関係性の果てにそうなっているものがあるのではないでしょうか?

セフレとしての関係を構築するための口説き方

女性をあなたのセフレにするように口説き落とすというのは、あなたの意図だけでどうにかできるものではありません。

あなたが「この人をセフレにしたい」と思っても、相手が「セフレになりたい」「セフレが欲しい」と思っていない限り、二人の関係性がセフレになることはありません。

双方が互いに「セフレが欲しい」し「この人はセフレ」と認識しあっている関係性が健全なセフレ関係です。(健全って言葉が合ってない気もしますが・・・)

つまり、セフレ関係を構築するための口説き方の最重要ポイントは次の1点です。

セフレを探している女性を落とす

セフレを作るなら、”セフレを求めている女性を狙う”。
これが最重要ポイントです。

考え方として、”いい女がいる”→”セフレにしたい”と思うのが一般的かもしれませんが、この考え方をしている限りトラブルの可能性があります。しかも高確率で最終的には揉め事になります。

理由は明確で、セフレになるつもりがない相手を選んでいるからです。

だから、セフレを探している女性を見つけて、その中から、あなたが気に入った女性にアプローチしたり、関係を維持させていくのがセオリーです。

互いにセフレという認識を持っている関係性ですから、それ以上もそれ以下もありませんし、話も早いです。いいことづくめです。

まとめ

女性をセフレにするための口説き方という意味では、女性が落ちるワードや話術をイメージされるかもしれませんが、それらは、優先順位がそれほど高いものではありません。

なぜなら、そもそもとしてその女性が異性との関係を今この瞬間求めているのか、はたまたセフレを求めているのかに左右されるからです。

同じセリフを言っても、相手の状況次第で評価は正反対になります。
だから、重要なのは”どんな女性”にアプローチをしかけるのか、です。

ここで8割決まります。

では、どんな女性にアプローチすれば良いのか。
これも答えは明確です。

「セフレを求めている女性」です。

第一条件としてそれがあり、その第一条件を満たす女性の中からあなたが関係を持ちたい、維持したい相手と交流を計ればいいのです。

冒頭でセフレにしたい女性を口説くためのポイントとして「相手の女性を見極める」ことと「タブーに触れない」の2点を挙げましたが、つまりはそういうことなんです。

セフレを求めている女性を見極めて、その女性のタブーに触れないこと。

例えば、「彼女を探している」なんてことをあなたが発すると、その女性は「そういうなのは求めていません」となる可能性が非常に高いです。そのようなタブーに触れないことが、大切なのです。

このように、いたってシンプルなんです。
おおよそが、ほとんどの男性が思っていることと正反対なのです。

気に入った女性をセフレにしようとするというのは、気に入った女性を落とすだけでも難易度は決して低くないのに、セフレにしようとするのですから、そりゃ難易度が激高ですし、その後に残るのはトラブルのみです。

セフレを欲している女性を見つける事。
スタートはそこです。

「でも・・・そんな事ができるの?」と思われるかもしれませんが「ツイッターでセフレを量産する教科書 -セフレ量産コース-」という、ツイッターを活用して女性からセフレとして立候補させるメソッドがあり、こちらでは、作成者だけではなく、利用者もセフレを作っていってます。

そういうメソッドを使うのか使わないのかはあなたの自由ですが、現実として、女性もセフレを欲しているし、ツールを活用することでセフレ作りを簡単にするノウハウも存在していますので、そういうものを参考にしてみるのも1つの手かなと思いますよ。

よければ参考にしてみてください。

”ツイッターでセフレを量産する教科書”公式サイト

タイトルとURLをコピーしました