セフレ作りと維持にはお金がかかる!お金がいらないセフレ付き合いをするには?

セフレ作りマニュアル

セフレを作り、セフレと会う、関係を維持する。
これら全てに結構のお金がかかるという事はすでにご理解いただいてますでしょうか?

そりゃタダってわけにはいかないだろうし・・・と思われるかもしれませんが、もっとリアルに、どの程度のお金がかかるとお考えでしょうか?

ハッキリいって、サラリーマンのお小遣いの範囲内でセフレを作るとなると、ワンナイトが関の山です。

それもかなり良い感じに行った場合です。
その上で関係を維持して、会う頻度を増やして・・・となると、かなり難しいと言わざるを得ないのが現実です。

セフレを作るにはお金がかかるのです。

・・・が、お金をなるべくかけずにセフレを作ることはできないのか?というと、そんな事はありません。お金をかけない作り方もあります。

そんなセフレとお金について、書かせていただきます。

セフレ作りに必要となる2種類の費用

セフレを作る。
そして関係を維持していくには、どうしても次の2種類のお金は必要となってきます。

  • セフレを作るためにかかる費用
  • セフレを維持するためにかかる費用

この2つの費用がどうしてもかかります。

この2つの費用がどの程度かかるのかは、「セフレを作る前・作った後にかかる費用相場(男女別)セフレ経験者に聞いてみた」がとても分かりやすいので、そちらを参考にさせていただきながら解説をさせていただきます。

セフレを作るためにかかる費用

記事によりますと、セフレを作るためには平均11,640円のお金が必要となったという数字が出ています。

これを高いと見るのか安いと見るのかは人それぞれです。あなたはどうお感じになりましたか?

中には10万以上かかったという方もいます。

こればかりは結果論ですので、11,640円を使えば必ず一回セックスができるという保証はありませんが、まず初めてのセックスに至るまでに平均11,640円のお金がかかっているのが世の中の男性の平均です。

セフレを維持するために掛かる費用

1回のセックスで終わるのではなく、2回、3回と関係を続けていく。
そんな関係をあなたはお望みかと思いますが、その2回、3回と重ねる逢瀬にもお金はかかります。

記事によりますと、平均7,972円のお金がかかっているというデータが出ています。

ざっくりと8,000円です。
仮にセフレとして週に1回会うとしたら、月に4回で32,000円のお金が必要となります。

セフレって、お金がかからない関係性の事じゃないの?と思われるかもしれませんが、現実として、ホテル代であったり、食事代であったりと関係を維持するためには多少なりとも出費は必要となってきます。

なぜセフレを作り関係を維持するのにお金が必要となるのか

セフレという存在を作り、そのセフレとの関係性を維持する。

その中で発生するお金を少しでも抑えるためには、何に対して、なぜお金が発生しているのかを知ることがとても大切ですよね。

では、実際にどのようなお金が発生しているのか
代表的なのは次のようなお金です。

出会いの場所に参加するための費用

出会いの場所に参加するためにかかる費用が1点目です。

例えば、出会い系サイトに登録して、活用するためにかかる費用であったり、婚活サイトに登録する費用であったりなどなど、出会いの場所に参加するために掛かる費用があります。

デートにかかる費用

出会いの場で出会った方と、デートをするために掛かる費用です。

下記の食事代やホテル代もここに含まれますが、そのほかにもちょっとした出費も男性側が持つ場面が多いですし、関係性を維持するためには、むしろ、女性に負担をかけないほうが賢明です。

食事代

食事にかかる費用です。
割り勘で!と行ければ安く済ますことができますが、それでも出費はゼロ円ではありません。

とはいえ、割り勘を求める男性に女性は興味を持ちにくいので、基本的には食事代は全面男性持ちが無難です。

ホテル代

関係を持つとなったときにホテルを利用するなら、そのホテル代も必要となります。

ホテル代を割り勘で・・・というのは、どこか味気ないと言いますか、カップルではないのですから、男性側が多めに、できれば全額持つというのが暗黙の了解ではないでしょうか?

お金がかからないセフレ作りを実現するには?

「セフレを作りたい」という望みを実現するには、先立つものがどうしても必要になります。

しかも、セフレ関係を維持するとなると、サラリーマンの平均的なお小遣いが吹っ飛ぶようなことにもなりかねません。

それが現実なのですが、では、それらの出費は本当に支払わなければならないものなのでしょうか?
言い方を変えて、もう少し抑えることができないのでしょうか?

そこをじっくりと考えて、コストをかけずにセフレを作ることに特化されているメソッドが「ツイッターでセフレを量産する教科書 -セフレ量産コース-」なのですが、セフレを作って維持するための必要を抑えるには、次のような点を改めて考えてみることが重要となってきます。

お金をかからない場所で出会う

お金がかかる出会いの場所ではなく、お金がかからない出会いの場所を活用することはできないか?

そのような発想を持ってみることをオススメします。
ナンパでも良いですし、ツイッターなどを活用して見てもOKです。

お金をかけずに出会いを広げることはできないのか・・・という視点でチェックして見てください。

セックスだけの関係だという共通認識があるのかないのか

相手の女性とあなたとの間で、これはセックスを楽しみ満たすための関係性なのだという認識があるのかないのかも重要です。

セフレという完全に目的が分かる関係性なら、会うたびに食事にいって・・・という行程を外してホテルに直行してもいいわけですし、どちらかの家で行為に至っても差支えがないわけですよね。

セフレという共通認識がない関係性なので、友達以上恋人未満のような流れを経て関係を持つことになるのです。

つまり・・・・

セフレを作るにはお金がかかるのは当然で、関係を維持するのにもお金はかかります。

これはこれで真実なのですが、なぜお金がかかるのか・・・という部分を掘り下げると、お金がかかるような流れでセフレを作って維持しようとしているからという見方もできます。

出会い系サイトや婚活サイトに登録してお金を支払ったり、デートをして・・・という行程を毎回踏んだり。お金がかかるルートを選んでいるから、お金がかかるのです。

だから、まず考えてみるべきは、お金がかからない出会いの場所はないのか、それを活かしきれているのか、です。

次が、相手とあなたとの間で「これはセフレ関係です」という共通認識を持つことができるのか否かです。

特に重要なのは後者です。

互いがセフレと認識しているだけでカットできる工程がありますが、相手の女性は自分がセフレと思っていないし、勘づかれて関係が切れるのは嫌だということでぼやかしているのでデートの費用がかさむということがあります。

そこを互いがセフレと認識している関係を作ることで大きく状況は変わります。

そのカギは、セフレを探している女性をゲットすることです。

彼氏を探している女性をセフレにしたりするからややこしくなるのですし、お金もかかるのです。
初めから、セフレを探している女性をゲットすれば、後々、出費を抑えて、セックスをやりまくれるのです。

では、どうすればそんなことができるのか?

それは「ツイッターでセフレを量産する教科書 -セフレ量産コース-」を一度チェックしてください。
下手すれば今日中にセフレを作ることも可能ですよ。

マニュアルの購入費用はかかりますが、セフレを低コストでゲットして維持できるノウハウですから、長期的に見れば元が取れた上で黒字化していきます。

とにかく大切なのは、セフレを欲している女性を捕まえることです。
これがもっともお金がかからない、コスパのいいセフレ作りのコツです。

よければ参考にしてみてください。

”ツイッターでセフレを量産する教科書”公式サイト

タイトルとURLをコピーしました