催眠スキルで女性を魅了できない理由

セフレ作り

女性を催眠テクニックを用いて、あなたの望む方向へと無意識的に仕向ける。

それを実現するためのノウハウが世の中にはあります。

例えば、必死に口説きたくて頑張っても落ちない女性は、意識レベルで強くあなたに抵抗している可能性があります。言葉でどれだけあなたがアプローチしても、その女性は強くそれに意識的に抵抗しているという事が考えられます。

そんな女性であっても、無意識には無抵抗です。
無意識は意識よりも強く、そして、本人にも気づかない存在だからです。

例えば、「ピンクのゾウを想像しないでください」と言われてもピンクのゾウを想像してしまうので、無意識がそうさせているからです。

想像してはいけないと意識レベルで言い聞かせても、無意識はゾウを想像してしまいます。

その無意識を意図的に操るのが催眠なのですが、なかなか催眠を使いこなせないという方が少なくありません。

なぜ催眠スキルを使いこなせないのか。
それには次のような理由があります。

催眠スキルを使いこなせない2つの理由

催眠スキルを使いこなすためには、次の2つのスキルが重要だとされています。

催眠状態へ移行するスキル

催眠状態へと誘導するためのスキルが1つ目です。

リラックス状態でこちらの言葉が届きやすい状態を作ることを指していますが、この催眠状態を自然に違和感なく誘導するというのが催眠の第一歩目です。

暗示文を作るスキル

適切な暗示文を作るというのが2点目です。
催眠が上手くいかない人は、多くの場合がこの暗示文を作成するスキルが不足していると言われています。

よくある暗示文に「あなたはだんだん眠くなる」というものがありますが、これは相手にこれが一番響きやすいのでこの文になっているだけで、相手によって微妙な表現を変えて調整します。

その調整ができるのか否かは暗示文を作るスキルの有無にかかっています。

つまり・・・

催眠がうまくいかない場合は、2つのスキルのうちのどちらか一方に偏っている可能性があります。

暗示文を作ることのみに注力していたり、催眠状態に近づけることはできるけど暗示文を適切に作れなかったり、どちらかが今一つ欠けているので上手くいかないというケースがあります。

あなたが催眠にトライしても上手くいかないのも同じ理由なのかもしれません。

催眠を上手に的確に使いこなすためには「催眠状態を作るスキル」と「暗示文を作るスキル」のどちらも不可欠ですので、偏ることなくどちらも習得することをオススメいたします。

全身性感帯催眠【B評価】
あなたもこのような事を思われてませんか? 催眠に関する知識を深めたい 居酒屋などでも使えるちょいエロ催眠のやり方を知りたい もっとセックスで使える催眠テクニックを覚えたい オリジナルのエロい催眠テクニックを開発し...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました