社会人男性が出会いを増やすためのポイント

恋愛

社会人になれば、多くの方が直面する現実。
それは「出会いがない」という状態です。

あなたもそのような状態に陥ってませんか?

自宅と職場の往復、出会う人はその範囲内の人たちだけ。

新しい出会いを作らなくては・・・と思ってはみるものの、生活を大きく変えるような行動は起こしにくいし・・・と、なっていませんか?

結果、どんどん出会いが減っていきます。

出会いが減るが恋愛はしたい・・・の次に来るもの

出会いはどんどん減っていくが、でも、恋愛はしたい。

そう思っている時に、次に来るのは「今の出会いの中でのベスト、もしくは妥協ラインを探そう」という発想です。もうすでにあなたもそのような心理に陥っているのではないでしょうか?

今の職場での一番タイプの女性と付き合おう。
近所のコンビニの店員を落とそう。

などなど。

いかに行動範囲を変えずに、その中でのベストを尽くすのかに終始するようになる。これそのものは悪くはありませんが、こう問われた時にいかがでしょう?

「もっと美人と付き合えるとしても、その発想で良い?」

ノー!ではないでしょうか?
もっと美人と付き合えるなら、もっと美人と付き合いたい。そう思うはずです。

社会人が出会いを作るための場所

話を少し戻しまして。
現実的に社会人が出会いを作る場所となると次のような場所になってきます。

仕事の関係

今の職場、もしくは仕事の取引先など、仕事の中での行動範囲内での人間関係の中から相手を見つけるというものです。

社会人の恋愛で最も多いのが職場恋愛ですし、身近な人を好きになるという性質を人間は持っていますから、仕事の関係の中から相手を選ぶのは当然の流れです。

合コン・街コン

合コンや、街コンなどのコンパも社会人の出会いの1つです。
結婚式で「友達の紹介で」などの言い回しで表現されることになる出会いです。

社会人生活の中でいずれかは一度は参加することになるかと思います。

友人・知人からの紹介

友人や知人経由で知り合うというケースです。
これも貴重な出会いの一つです。

紹介したい人が居ると出会いを粒立てるパターンもあれば、偶然知り合うケースなど様々です。

飲み屋・バー

飲み屋やバーなどに飲食店に行き、そこで声をかけた、声をかけられた、席が近かったなどで知り合うパターンです。

こちらも社会人の出会いとしてよくあるパターンです。

勉強会・交流会

自身のスキルアップのための勉強会や交流会に参加して、そこで知り合うというものです。

習い事・ジム

自身のトレーニングのためにスクールやジムに通い、そこで知り合うという出会いのパターンもありあます。

同じ目的を共有している相手ですので、話もしやすいというメリットがあります。

結婚相談所・婚活パーティ

結婚を前提とした合コンとでも言えばいいでしょうか。婚活パーティも出会いの場の一つです。
また、結婚相談所も、いわゆるプロにお願いするお見合いで、これも立派な出会いの場の一つです。

いずれも、目的がはっきりしているため、コミュニケーションを取りやすいですし、その後の展開も早いというメリットがあります。

SNS

SNSも今は出会いのツールとして見過ごせない存在です。

SNSそのものには、ツイッター、フェイスブックをはじめ、インスタグラムなどなど、様々なものがあり、これからも増えていくことは予想されます。

マッチングアプリ

マッチングアプリも、現代の出会いの一つとなっています。

真面目な恋愛というよりも、ワンナイトを求めるケースが多いようですが、それでも男女の出会いという選択肢の一つであることには間違いありません。

社会人が出会いを作る上での注意点

社会人の出会いを作る場所は、実はその気になれば多く用意されています。
それらの社会人の出会いの場所の選択肢の中から、あなたはどれを選ぶのか。また、選ばずにいるのか。

そこを感じ取ることができれば、今よりグンと出会いの数は増やすことができます。
つまり、次のようなことが、社会人が出会いを作る上ではとても重要なのです。

思い込みを捨てる

あなたの中にある「思い込み」を捨てること。
捨てるまではいかなくても、一度、「それって思い込みでは?」と疑ってかかることがとても大切です。

例えば、あなたが「そこには良い出会いがない」と思い込んでいる場所があるのなら、それは本当なのかどうか自身の身をもって確かめてみることも大切です。

トライしてみたら、思っている以上の成果が得られることは本当によくあります。

出会える層を意識する

そこに行けば、どのようなタイプの女性と出会えるのか。
それを意識するだけでも、出会いの質を効率よく上げることができます。

ざっくりとハッキリと言いますが、美人は美人とつるみます。ほぼ間違いありません。
なぜなら、美人という存在は、ブスにとっては劣等感を感じる相手なので一緒に居れない存在なのです。

ブスは「この人なら勝ってる」と思える相手と居ないと、ただただつらいのです。

そういう事が場所にも作用てきます。
ジムに行くのは、自分の容姿をシッカリとマネジメントしていこうという意識のある人だけです。自分の容姿をマネジメントしようと思わない人は、絶対に来ません。

そういうすみ分けが為されているので、そこを感じるとることも重要です。

あなたの物語」などの教材では、ずばり美人と出会える場所の見つけ方をレクチャーしてくれています。それを参考にしてみることもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました